古今宗教研究所 > 古今御朱印研究室 > 東京の七福神 > 浅草名所七福神

古今御朱印研究室

浅草名所七福神


浅草寺

江戸の庶民文化の中心地ともいうべき浅草近辺を巡る七福神霊場。「浅草名所」は「あさくさなどころ」と読ませる。昭和8年の開創、同52年の再興という。浅草寺や浅草神社、鷲神社など有名な寺院・仏閣も多く、人気が高い。寿老人と福禄寿がそれぞれ2ヶ所あるので全部で9ヶ所になるが、これは「九は数の究み、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩であり、あつまる意味をもち、又、天地の至数、易では陽を表わす」という故事に由来するという(浅草名所七福神会のしおりによる)。全行程3時間足らずだが、途中、鷲神社で意外に時間がかかるため、そこでの時間によってかなり変わると思われる(詳しくは、鷲神社のところで説明)。一応、巡回できるコースになっているので、どこから始めても大丈夫が、交通の便の関係で、浅草寺・浅草神社から出発するのが最適だろう。

浅草七福神公式サイト

大黒天 恵比須 毘沙門天 福禄寿
金龍山 浅草寺
 
浅草2
浅草神社
 
浅草2
待乳山 本龍院
(待乳山聖天)
浅草7
今戸神社
 
今戸1
布袋尊 寿老神 寿老人 弁財天
砂尾山 不動院
(橋場不動尊)
橋場2
石浜神社
 
南千住3
鷲神社
 
千束3
吉原神社
 
千束3
福禄寿
矢先稲荷神社
 
松が谷2

もどる


2007.01.28
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.