古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 江戸三大閻魔

古今御朱印研究室

江戸三大閻魔

太宗寺華徳院

閻魔大王は、もともとサンスクリット語でヤマ、あるいはヤマラージャという。『リグ・ヴェーダ』では人類の始祖とされ、最初の死者となったために死者の国の王になったとされる。これが仏教に取り入れられて地獄の主とされるようになった。

さらに中国では十王信仰と結びつき、死者を裁く裁判官とされた。中国の官吏風の道服を身にまとい、冠を被って笏を持つ姿は中国で成立した。

日本においては地蔵菩薩が本地であるとされる。源信の『往生要集』などの影響により、平安時代以降、広く信仰されるようになった。「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」等、悪事を戒める際にはよくその名が出される。奪衣婆や司録・司命を伴った形で表されることも多い。江戸時代以降、1月16日と7月16日の藪入りは閻魔大王の賽日とされ、各地の閻魔堂では縁日が立った。

江戸では下谷坂本にあった善養寺(現在は豊島区西巣鴨)、内藤新宿の太宗寺、浅草蔵前にあった華徳院(現在は杉並区松ノ木)が三大閻魔とされた。なぜ、それらが選ばれたかは不明というが、太宗寺の閻魔像は高さ約5m、善養寺も約3mの丈六の坐像、関東大震災で焼失した華徳院の閻魔像も丈六の坐像であったというから、サイズの大きさが重要なポイントであったことは間違いないと思われる。

薬王山善養寺 霞関山太宗寺 称光山華徳院
薬王山 善養寺
 
豊島区
西巣鴨四丁目
霞関山 太宗寺
 
新宿区
新宿二丁目
称光山 華徳院
 
杉並区
松ノ木三丁目

三つの御朱印を並べると、いずれも梵字の朱印なのだが字が違う。

善養寺は寺の本尊である薬師如来の梵字「ベイ」。本尊の御朱印はないとのことなので、これ一つで本尊と閻魔大王の朱印を兼ねているのかもしれない。

太宗寺は閻魔大王の本地とされる地蔵菩薩の種字「カ」で、脇に地蔵菩薩の御影の印もある。そういえば、太宗寺の閻魔堂は、江戸六地蔵の一つである地蔵尊像と並んでいる。

華徳院は閻魔大王の種字「エン」。三大閻魔のうちで、この寺のみが閻魔大王を本尊としている。

もどる


2012.08.30
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.