古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 四国八十八ヶ所 > 菩提の道場

古今御朱印研究室

四国八十八ヶ所

旧第57番札所
石清水八幡神社
いわしみずはちまんじんじゃ

石清水八幡神社

石清水八幡神社 (いわしみずはちまんじんじゃ)
御祭神 品陀和気命〔ほんだわけのみこと〕
足仲彦命〔たらしなかつひこのみこと〕
息長帯比売命〔おきながたらしひめのみこと〕
〈配祀〉
市杵島比売命〔いちきしまひめのみこと〕
多紀理比売命〔たぎりひめのみこと〕
多岐津比売命〔たぎつひめのみこと〕
旧称 石清水八幡宮 勝岡八幡宮
創建年代 貞観元年(859)
創建 河野深窮/行教上人
所在地 愛媛県今治市玉川町八幡日坂乙29・30 (地図表示:マピオン)
御詠歌 この世には弓矢を守る八幡なり 来世は人を救う弥陀仏
メモ 社伝によれば貞観元年(859)河野深躬が勝岡に創建し、勝岡八幡宮と称した。永承年間(1046〜52)伊予守・源頼義は河野親経と協力して八幡山に遷し、山城国の石清水八幡宮に倣って社殿を造営し、石清水八幡宮と称したとされる。
また一説には、行教上人が宇佐八幡より八幡大神を奉じて山城国の男山(石清水八幡宮)に向かう途中、嵐にあって当地の沖を漂流中、望見した八幡山の山容が男山に似ていることから、八幡宮を勧請したともいう。
寂本の『四国徧礼霊場記』によれば、源頼義と河野親経が建立した伊予国内八社の八幡宮のうち、当社がその随一であるという。
旧別当は府頭山栄福寺(真言宗)と法華山浄寂寺(臨済宗)。江戸時代までは当社が57番札所であったが、明治の神仏分離以降、栄福寺が札所を引き継いでいる。
平成20年の正月に参拝し、御朱印について宮司さんに伺ったところ、宮司に就任したときには既に御朱印はなかったとのこと。しかし、対応を考えてくださるということであった。後日連絡したところ、別の方からも御朱印についての問い合わせがあったこともあって、御朱印を作製することにしたということであった。そして平成21年の正月に無事に御朱印を拝受。記念すべき第一号とのことであった。
東山麓の参道と鳥居 栄福寺側の参道
東山麓の参道と鳥居 栄福寺側の参道
拝殿 本殿
拝殿 本殿
石清水八幡神社の御朱印

中央の印は「石清水八幡神社之印」。

<<前へ 菩提の道場へ 次へ>>
栄福寺へ


2012.05.16
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.