古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 諸国神社御朱印集 > 北海道

古今御朱印研究室

諸国神社御朱印集

帯廣神社
おびひろじんじゃ

帯広神社拝殿

帯廣神社 (おびひろじんじゃ)
御祭神 大国魂神〔おおくにたまのかみ〕
大那牟遅神〔おおなむちのかみ〕
少彦名神〔すくなひこなのかみ〕
鎮座地 北海道帯広市東三条南二丁目1 (Mapion/googlemap
創建年代 明治23年(1880)/明治43年(1910)
社格等 旧県社 別表神社
由緒 明治16年(1873)静岡県出身の依田勉三らが結成した開拓団体「晩成社」が帯広に移住し、明治23年(1890)に祠を建てて帯廣神社と称した。これを帯廣神社の創祀とする説もあるが、帯廣神社では、この晩成社の建立した神社と現在の帯廣神社の関係は不明としている。
同42年(1909)神社の移転・造営の話が持ち上がり、翌43年(1910)北海道庁長官に神社創立願いを提出、札幌神社(現・北海道神宮)より御分霊を迎えた。これをもって正式な神社の創立としている。
大正4年(1915)郷社、昭和5年(1930)県社に昇格。同51年(1971)には神社本庁の別表神社に加列した。
例祭 9月24日
※9月23日宵宮祭、9月25日御輿渡御還御祭
神事・行事 1月1日/開運祭
1月15日/古神札焼納祭(とんど焼き)
6月15日/春季例祭
7月15日/祈願串焼納祭
12月28日/煤払い式
公式サイト http://www.obihirojinja.jp/
メモ 帯広駅から北へ約2kmのあたりに鎮座する。依田勉三らの晩成社が入植したのは、神社の東1km余にある天然温泉水光苑(銭湯の料金で入れる。近年、改装したようで、非常にお勧めである)のあたりで、晩成社の帯廣神社もそのあたりにあったようだ。
広い境内は緑に覆われており、小鳥や栗鼠の姿がすぐそばで見える。参拝時には、エゾリスやアカゲラを見つけ、動画に収めることができた。
手水舎脇の神馬は、シンガーソングライターの中島みゆきの祖父・中島武市が昭和8年に奉納したもので、「禁酒禁煙満拾箇年ヲ記念シ奉献ス」という銘がある。また、神社の向かいにある中島公園は、中島武市が依田勉三を顕彰するために銅像を建てた篤志を称えるため、その名を公園名にしたものとのことである。
依田勉三像(中島公園) 大鳥居
依田勉三像(中島公園) 大鳥居
十勝護國神社 神馬
十勝護國神社 神馬
神門 本殿
神門 本殿
帯廣神社の朱印

朱印は「帯廣神社」。

もどる


2009.11.04
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.