古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 諸国神社御朱印集 > 秋田県

古今御朱印研究室

諸国神社御朱印集

総社神社
そうしゃじんじゃ

総社神社拝殿

総社神社 (そうしゃじんじゃ)
御祭神 〈神明宮〉
天照皇大神〔あまてらすすめおおかみ〕
豊受比売大神〔とようけひめのおおかみ〕
〈総社宮〉
大己貴神〔おおなむちのかみ〕
八重事代主神〔やえことしろぬしのかみ〕
味鋤高彦根神〔あじすきたかひこねのかみ〕
旧称 総社大明神
鎮座地 秋田県秋田市川尻総社町14−6 (地図表示:マピオン)
創建年代 神亀元年(724)
社格等 旧県社
由緒 社伝によれば、神亀元年(724)3月8日の夜半、三森山(現在の千秋公園)に神光が飛来し、「我は大己貴神なり。今、ここに一宮を創建して祀れば、国中安泰、諸人守護、五穀豊穣といたさん」とお告げがあった。そこで里人が社殿を創建し、影向の際の磐座を御神体として納め、左右の相殿に八重事代主神と味鋤高彦根神を祀ったことに始まるとされる。
以来、三嶽山総社大明神として崇敬を受けた。源頼朝は東征の後、畠山重忠に命じて大嶽山・小嶽山・光明山の三森を神領とし、崇敬したという。
慶長7年(1602)佐竹義宣が常陸から秋田に入り、翌8年(1603)神明山(三森山)に新たな居城を築くことになったため、川尻郷下浜(現在の楢山川口境)に遷座した。さらに元禄7年(1694)川尻上野岱に仮遷座、社殿を造営して宝永4年(1707)に本遷宮を行った。
川尻郷の鎮守として藩主以下の崇敬篤く、文人墨客もよく訪れたという。明治には県社に列格している。
例祭 5月19日(春季例祭)
※5月18日:春季例祭宵宮祭
10月19日(秋季例祭)
※10月18日:秋季例祭宵宮祭
神事・行事 1月1日/歳旦祭・新春初神楽祈祷
1月第2日曜日(成人の日)/どんど焼き
2月中/厄年祓
十五夜/観月祭
公式サイト http://www.sosha-j.jp/
メモ 神社の由緒書には総社大明神の由緒しか書かれてないのだが、旧鎮座地が神明山であり、御祭神も「神明宮」として天照皇大神と豊受比売大神が祀られているように、神明山(三森山)に祀られていた二つの神社が合祀されているようだ。神社でいただいた由緒書に掲載されている「河尻村上野遷宮之縁起」の写真を見ると、「両皇大神宮」と「総社大明神」の名が見える。
住宅地の中に長方形の境内がある。けっこう緑の木々が生い茂っているのだが、下生えがほとんどないためか、鎮守の森というより、公園という印象を受ける。
参道や社殿は境内の南に偏っており、少々違和感がある。地図で見ると、神社の南50mほどのところにある川尻総社通りから境内北端のちょうど真ん中当たりになるので、本来は川尻総社通りまでが境内だったのではないだろうかと思われる。
鳥居 特別攻撃隊忠魂之碑
鳥居 特別攻撃隊忠魂之碑
匠神社 馬魂碑
匠神社 馬魂碑
早馬神社 本殿
早馬神社 本殿
総社神社の御朱印

中央の朱印は「総社神社御璽」。

もどる


2011.10.26
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.