古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 諸国神社御朱印集 > 新潟県

古今御朱印研究室

諸国神社御朱印集

日枝神社
ひえじんじゃ

日枝神社拝殿

日枝神社 (ひえじんじゃ)
御祭神 大山咋命〔おおやまくいのみこと〕
〈相殿〉
天照皇大神〔あまてらすおおみかみ〕
豊受大神〔とようけのおおかみ〕
建御名方命〔たけみなかたのみこと〕
宇賀之魂命〔うかのみたまのみこと〕
鎮座地 新潟県上越市寺町三丁目1−19 (地図表示:マピオン)
創建年代 仁寿3年(853)
社格等 旧県社
由緒 社伝によれば、仁寿3年(853)越後権守坂上正野が関川東岸(直江津の対岸)の衾野に日吉大社の御分霊を勧請したことに始まる。
慶長3年(1598)領主の堀秀治が衾野に福島城を築き、春日山城から移った際、社地が城内に含まれることになったため、城内の鎮守として崇敬された。次いで領主となった松平忠輝が高田へ居城を移すと、当社も高田城下の裏寺町に遷り、高田城鎮護および城下30ヶ町の総鎮守とされた。寛文5年(1665)地震で社殿が大破し、現社地に遷座する。同9年(1669)正一位を授けられる。
明治6年(1873)村社に列格、同15年(1882)郷社に昇格。さらに昭和8年(1933)県社に昇格した。
例祭 5月15・16日
神事・行事 3月15日/春季例祭
10月15日/秋季大祭
メモ 高田駅のすぐ裏にある。周囲は高田城下の寺町で、真宗浄興寺をはじめ数多くの寺が並ぶ。
境内にある菅原神社はもともと春日山の麓にあり、御神像は上杉謙信の自作という伝承がある。高田城下が開かれるとともに中寺町に移転し、歴代城主の崇敬を受けた。大正4年(1915)火災で焼失し、日枝神社の境内に遷された。
大鳥居 西宮神社・諏訪神社
大鳥居 西宮神社・諏訪神社
秋葉神社 稲荷神社
秋葉神社 稲荷神社
庚申宮・稲荷神社 三峯神社・菅原神社
庚申宮・稲荷神社 三峯神社・菅原神社
神馬舎 本殿
神馬舎 本殿
平成21年拝受の御朱印

中央の朱印は拝殿と神猿のデザイン。

もどる


2013.07.21
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.