古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 東都神社御朱印集 > 新宿区

古今御朱印研究室

東都神社御朱印集

市谷亀岡八幡宮
〔いちがや かめがおかはちまんぐう〕

市谷亀岡八幡宮拝殿

市谷亀岡八幡宮 (いちがやかめがおかはちまんぐう)
御祭神 誉田別命〔ほんだわけのみこと〕
気長足姫命〔おきながたらしひめのみこと〕
與登比売神〔よとひめのかみ〕
通称 市谷八幡宮
鎮座地 東京都新宿区市谷八幡町15 (地図表示:マピオン)
創建年代 文明11年(1479)
社格等 旧郷社  (単立神社)
由緒 文明11年(1479)太田道潅が江戸城西方の守護として、鎌倉の鶴岡八幡宮より御分霊を勧請し、鶴岡に対して亀岡と称したのが始まりという。天正年間の戦乱により社運は衰えたが、慶長年間に別当の源空少僧都によって再建された。
寛永13年ごろには、江戸城外濠の完成に伴って市谷の稲荷山にあった茶ノ木稲荷神社の境内に遷座した(茶ノ木稲荷は地主神として、摂社となっている)。江戸時代には三代将軍家光や五代将軍綱吉の母・桂昌院の信仰を得て社頭は繁栄した。特に当社の祭礼は山の手地区を代表する賑わいであったという。
明治の神仏分離により別当の東円寺は廃寺となり、境内も取り壊された。この時、江戸八所の鐘の一つであった鐘楼も撤去されてしまった。明治5年(1872)郷社に列格。
昭和20年(1945)米軍の空襲により社殿等灰燼に帰した。この時、高さ15mという神木の楠も焼け落ちてしまった。現在の社殿は同37年(1962)に再建されたものである。
例祭 8月13〜15日
神事・行事等 2月初午/稲荷二社初午祭
6月30日/夏越大祓
9月8日/仲秋
10月または11月/放生会四魂の祭
11月23日/勤労感謝祭
公式サイト http://www.ichigayahachiman.or.jp/
メモ 市ヶ谷駅からほど近く、靖国通りから少し入ったところに市谷亀岡八幡宮への石段があり、その左側に茶ノ木稲荷が見える。この石段を男坂と呼び、茶ノ木稲荷の左側の坂を女坂と呼ぶそうである。
現在は神社本庁に所属しない単立神社で、意欲的に各種の活動を行っているようである。
本社の御朱印の他、摂社・茶ノ木稲荷神社の御朱印がいただける。

茶ノ木稲荷と男坂 茶筅塚(茶ノ木稲荷境内)
茶ノ木稲荷と男坂 茶筅塚(茶ノ木稲荷境内)
金刀比羅宮 出世稲荷神社
金刀比羅宮 出世稲荷神社
花物語 本殿
花物語 本殿
御朱印 左は平成17年、中央は平成22年に拝受した御朱印。ただし、中央の文字が「市谷亀岡八幡宮」か「城西之鎮護」かは書いた人による違いのようである。中央の朱印は「市谷亀岡八幡宮」、右上は鳥居に「市谷亀岡八幡」、左下は「市谷亀岡八幡宮之印」。
右は摂社の茶ノ木稲荷神社の御朱印。
平成17年の御朱印 平成22年の御朱印 茶ノ木稲荷神社の御朱印
摂社 茶ノ木稲荷神社

もどる


2006.01.29
更新:2010.10.13
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2014 Murakami Tetsuki. All rights reserved.