古今宗教研究所 >古今御朱印研究室 > 東都神社御朱印集 > 南多摩地域

古今御朱印研究室

東都神社御朱印集

杉山神社
すぎやまじんしゃ

杉山神社拝殿

杉山神社 (すぎやまじんじゃ)
御祭神 日本武尊〔やまとたけるのみこと〕
〈配祀〉
弟橘姫命〔おとたちばなひめのみこと〕
〈合祀〉
須佐之男命〔すさのおのみこと〕
猿田彦命〔さるたひこのみこと〕
鎮座地 東京都稲城市平尾1189 (地図表示:マピオン)
創建年代 不詳
社格等 旧村社
由緒 創建年代は不詳だが、延徳年間(1489〜92)に社殿を再建したという。神鏡に延徳2年(1490)の銘がある。
安政2年(1855)社殿を造営。大正8年(1919)八坂神社と日吉神社を合祀。昭和58年(1983)社殿を修復し、鳥居を建立、手水舎を新築した。
例祭 9月28日(近くの日曜日)
メモ 鶴見川沿いに72社あるという杉山神社のうち、もっとも上流にあたるのではないかという。稲城市内に鎮座しているが、最寄り駅は川崎市麻生区の小田急多摩線栗平駅になる。
多摩丘陵の一角、周囲は住宅地になっているが、境内は木々に覆われて落ち着いた空間になっている。
穴澤天神社の兼務社のようだが、社務所に神職さんがいらっしゃって、書き置きの御朱印をいただいた。
鳥居 参道
鳥居 参道
手水舎 本殿
手水舎 本殿
杉山神社の御朱印

中央の朱印は「鎮守之印」、左下は「杉山神社」。

もどる


2011.10.05
古今宗教研究所
Copyright(C) 1998-2016 Murakami Tetsuki. All rights reserved.